基本的に低用量ピルは毎日同じ時間に服用するという使い方ですが、飲み忘れることもきっとあると思います。そうなった場合、どうなるか気になる方もいますよね。当サイトではピルの気になる情報について詳しく説明していきます。低用量ピルの他にもアフターピルについても紹介していきますので宜しければ参考にしてください。

色々の薬と女の人
  • ホーム
  • 緊急避妊するならやっぱりアイピル

緊急避妊するならやっぱりアイピル

かわいい女性

避妊具を使っていたにも関わらず、性行為中にコンドームが破れてしまって避妊が失敗した、大量にお酒を飲んだ状態で性行為を始めたせいで、うっかり避妊するのを忘れてしまった。
こういった場合には緊急避妊の手段として、アイピルを飲用するといいでしょう。
アイピルを飲んでおけば、とりあえずは妊娠の心配がなくなるからです。

アイピルとは非常に信頼性が高いとされている避妊薬のひとつであり、服用してすぐに妊娠しなくなるよう身体に作用する効果が得られます。
ただし緊急避妊のためにアイピルを飲む際には「72時間以内」というタイムリミットがあるため、なるべく早めに飲むことが推奨されています。
一晩ぐっすり眠ってしまったとしても起きてから飲めばいいといった具合に、タイムリミットには余裕があるとはいえ、妊娠したくないようなら忘れない内に飲んでおいたほうが安全でしょう。

緊急避妊を希望する機会というのは不意に訪れることがあります。
まったく性行為をするつもりがなかった日に男性と行為に及ぶ機会が巡ってくる可能性も女性には少なからずあるからです。
そのような事情から万が一に備えてアイピルは常備しておくことが好ましく、当然避妊失敗のシーンに見舞われても手元に緊急避妊薬があるというだけで安心感が得られます。
気分の悪い話かもしれませんが男性に無理やり行為を強制された際の緊急避妊にも役立ちます。
バッグの中に携帯しておくなど常備しておくだけで多くのメリットが得られるものと捉えておいてください。

アイピルはたとえ未成年の女性であっても入手することが可能です。
その気になればインターネット通販で処方箋なしで買えるようになっていますので、身の安全のためにも男性との接触が多い仕事をしている若い女性の方は購入しておくといいでしょう。
病院でアフターピルを処方してもらうのは恥ずかしいという方でも買いやすくなっていることを記憶しておくといいでしょう。

アイピルを使用できるタイムリミットは120時間

アイピルを使用することができるタイムリミットは72時間以内とされています。
その時間が過ぎてしまうと緊急避妊を目的とした場合においてもあまり避妊効果がなく、避妊に失敗してしまう確率が高まってしまいます。

ただし、避妊確率は時間経過によって変わる傾向があり、72時間が過ぎてしまったとしても性行為を行ってから120時間までであればある程度の効果はあります。
ですので、緊急避妊をしようとしても全く効き目がなくなる時間に関しては120時間となっていますが、できれば72時間以内に飲むことが望ましいといえるでしょう。

避妊に失敗してから24時間以内の服用で避妊できる確率は約95%となっており、24時間から72時間までの間では84%の確率になっています。
72時間から120時間が経過するまでの間で約6割の確率で避妊することが可能です。

アイピルを緊急避妊が目的で使用するのであれば、バッグなどに常備しておくようにしたほうが良いといえます。
その理由は、アイピルは産婦人科の処方で入手することができますが、これには一つデメリットもあり避妊失敗がはっきりしているときでなければ処方できないという点が挙げられるためです。
インターネット通販を利用することで比較的簡単に入手することができますので、最大限人にばれないようにするならば通販サイトから購入する方法が良いでしょう。

ただ、通販サイトから手に入れる場合は基本的にその後トラブルが起こっても自己責任といえます。
もしも正規の品であるかどうかが気になるのであれば、医師や薬剤師と相談しておくことが大事です。
また、通販サイトの運営元の業者の評判などもトラブルを防ぐために調べておくことも求められるでしょう。