基本的に低用量ピルは毎日同じ時間に服用するという使い方ですが、飲み忘れることもきっとあると思います。そうなった場合、どうなるか気になる方もいますよね。当サイトではピルの気になる情報について詳しく説明していきます。低用量ピルの他にもアフターピルについても紹介していきますので宜しければ参考にしてください。

色々の薬と女の人
  • ホーム
  • アフターピルの価格を病院と通販で比較

アフターピルの価格を病院と通販で比較

色々な薬

アフターピルは病院で処方してもらう方法と、インターネット通販を利用し自分で購入する方法で入手できます。
医薬品を購入する場合、やはり価格が気になる方は多いのではないでしょうか。
アフターピルの場合、病院処方とインターネット通販を比較した場合、どのくらい価格に違いがあるのかチェックしておく事をおすすめします。

まず病院で処方してもらう場合の相場はノルレボ錠の場合、約1万5000円から2万円、ヤッペ法で使う中用量のピルだと約5000円前後が相場です。
日本の病院で処方される医薬品には、健康保険が適用されるケースがほとんどです。
ですが、アフターピルの場合は治療目的での処方ではないので健康保険が適用されません。
自由診療となってしまうので、5000円から2万円という高額な費用がかかります。

5000円から2万円という価格はアフターピル代です。病院の場合は診察料や処方箋料といった費用も加算されます。
初診料だと2000円から3000円がプラスされるので、より価格はアップしてしまいます。
病院によっては3万円程度の費用がかかるケースもあるようです。この費用の他に病院までの交通費なども考慮しなければいけません。

インターネット通販を選んだ場合、病院のように診察料や処方箋料といった費用を支払う事はありません。
アフターピル自体の価格も1500円から3000円程度が相場です。まとめ買いをすれば、さらに価格は下がります。
自宅にいながら購入できるので、交通費もかからず病院処方よりもさらに費用を抑える事が可能です。
これだけ価格の差があるのであれば、インターネット通販を利用したほうがメリットが多いと言えるでしょう。

そしてインターネット通販は24時間、365日利用できるという便利さも魅力です。
医薬品だからといって購入手続きが難しいという事はなく、通常のインターネット通販と同じ感覚で利用できます。
費用の面だけでなく購入しやすさを考えても、インターネット通販のほうがおすすめです。

通販だと事前にアイピルを用意できるし安心

アフターピルは生理不順や吐き気などといった副作用もあるので、決して継続して服用するのは避けたほうが良いですが、望まない中絶や妊娠は女性にとって非常に辛いことです。
男性の性欲のためにピルを服用していなかったりコンドームを使わない性交渉をしてしまった場合は生理になるまで不安な日々を過ごすことになります。

性犯罪に遭遇するのも、ほとんどが女性です。
辛い気持ちを、もっと辛い状況にさせないようにするためにアフターピルは性犯罪から女性の身体を守ってくれる薬でもあります。
そのためアフターピルを前もって持っておけば性犯罪に遭遇しても望んでいない相手との子供を妊娠するという最悪のシナリオを避けることが可能です。

男性の立場から考えるとコンドームなどを装着せずに快感を感じてみたいという欲求が存在します。
方法次第では射精する寸前に外に出したりすることも可能ですが、絶対上手くいくという保証はなく失敗して妊娠した場合は責任を取る必要が生じることになるのです。

まだ父親になるための準備をしていない状態のままで妊娠をさせた場合は、父親として自覚を持っていないまま育児をすることになってしまいます。
安心して快感を感じたいという生理的な欲求を解消するために用意しておくと良いのがアフターピルです。
このようにアフターピルは性別を問わず万が一のときのために用意しておくと安心することができる緊急時に対策できるアイテムになります。

ところが人の目に触れることになるため病院で処方してもらうのは多少抵抗があるものです。
その上に、診察料や処方箋料がかかってしまいます。
そういった場合は個人輸入代行通販サイトを利用すると価格が比較的安い上に自宅に届くため人に知られずに買うことができ便利です。